納品の流れ

プラスチック加工のお問合せからお客様のお手元に届くまでの流れです。

納品までの流れ

リングスではご依頼の製品を効率よくお請けし 、素早く正確に納めさせていただくよう全力で努めています。
受注時には、詳細に記した指示書を作成し、製品が出来上がるまでの全工程で、各担当者が管理・確認できるようして務めております。
お客様の時間的ロス、費用的ロス、納期的ストレスなどをすべて解消できるよう、全社員が一丸となって製品造りを行っています。

特に「製作段階での形状・寸法公差・勘合などの問題点に注意を払い、修正点がある場合はスグにご依頼主様へフィードバックさせていただき、無駄なロスやコストが発生しないようお手伝いさせていただいております。

1.お問い合わせ ・確認

まずはメールフォームお電話でお気軽にお問い合せください。
素材選び、加工の方法、形状についてのアドバイスや「作れるのだろうか?」という疑問への回答や、
より短いリードタイムでお届けするご提案のための確認を行わせて頂いています。
また形状データをこちら(data@rings.jp)のアドレスにお送りいただければステップ2のお見積書のご提出がよりスムーズになります。

2.お見積の提出

即時対応が可能です!
お急ぎであればお電話にてスグに費用をお伝えいたします。

3.ご発注

お見積もりの提出後、納期と費用面でご納得いただければスグに発注完了となります。
貴社にて「発注確認書」などがあればお送りください。

4.製造・試作開始です!

・指示書の作成

ご依頼いただいた設計図、形状データまた受注時の打ち合わせの詳細を明確にし、正確な指示書を作成します。
この作業が加工の工程管理を進める上で最重要となります。
リングスでは長年に渡り、あらゆる加工の経験を積んでおります。安心してお任せください。

・プログラムの作成

加工製品に対応した適切なプログラミングを行い、精度、効率化の向上を図ります。

・マシニング加工

マシニング加工とは、プログラムに基づき、 ドリル穴あけ・リーマー加工・エンドミル加工などを完全自動で行うものです。

・仕上げ

バリ処理・接着・表面仕上げなど機械では出来ない工程となります。ここで人の手を加え、さらに細かな調整・仕上げを行います。
製品の出来栄えを左右する重要な工程なので熟練の技術とセンスを要求します。

・フィードバック

各工程に対し設計図、形状データに不備があれば、即時ご依頼主様へご報告と訂正をお伝えしております。
設計図と実際の出来上がりが違うことも、試作の世界では往々にしてあることです。
重要なのは、その違いに対していかに迅速なフィードバックと確認を行い、次のステップへ進めるか。
リングスでは設計図から確認を行い、社内の情報共有を進めながら製作を進めております。
ひとりでは気付かなかった不備にもチームで気付き、より早い対応と解決をご提案することが出来るのです。

5.検査(確認)

0.01ピッチのピンゲージ等の精密検査を実施し、リングスができる最高の精度を保った製品として厳重な検査を行っております。

6.梱包・発送

遠方のお客様でも指定納期前日に「厳重な梱包」で発送させていただきます。